ページトップ

イベント・音楽情報

2020.12.21
1年ぶりにコンサートに出かけました(*^^)v あざみ野&たまプラーザのピアノ教室 柴田音楽教室

横浜市青葉区あざみ野、たまプラーザの 

幼児と子供のためのピアノエレクトーン教室

柴田音楽教室です。

 

今年は思いもよらないコロナウイルス騒動で

ライブ・コンサートのほとんどが延期➡中止になりました。

 

ライブやコンサートというのは会場の大きさや規模にもよりますが、

おおよそ1年以上前から企画され会場を抑えなければなりません。

ですから延期・中止になれば規模が小さくても何十万単位、

規模が大きかったり、複数の会場で行われるツアー形式だったりすると

何億、何十億という損害を被ることになることをご存知ですか?

 

そういう中でネットで有料ライブ配信を行ってくださる方も

何名かいらっしゃいましたが、

中には業界で長く活動されていてかなり有名なのに

”無料”でライブ配信を行なったりしている方もいて

それはライブハウス側の意向なのでしょうけれど、

 

『プロはそんなところで自分を安売りしないで欲しい』

 

東日本大震災の時とは違うのだからと思っているのは私だけでしょうか?

 

さて、CMや映画などの数々の音楽を歌っていらっしゃり
みなさまもその歌声を何度も耳にしたことがあるのではないでしょうか?

『大貫妙子』さんのシンフォニックコンサートに
行ってきました。

メロディラインやサウンドの至るところに”フランス”っぽさを感じさせますね。

お若い方や30代のお母さま方、お父さま方はご存知かどうかわかりませんが

その歌声はきっと耳にされたことがあるかと思います。

 

たとえば 「三共製薬」などのCM,映画「シャルウィダンス」のテーマ曲

などなど・・・・

私は学生時代、洋楽邦楽問わず浴びるように音楽を聴きあさっていたのですが、

おそらくテレビドラマ

「夏に恋する女たち」というドラマと同タイトルの

この曲に

バシ~ンとくる何かがありましてそれがキッカケで立て続けに

大貫妙子さんのアルバムを聴きあさっていました。

 

不思議な縁が突然舞い降りてくるものですね。

先日、YouTubeではなく昔の8センチCDで山下達郎さんの

「誘惑」という曲をヘビーローテーションしていましたら、

 

ふと「そういえば山下達郎さんと大貫妙子さんって昔、

シュガーベイブというグループでいっしょにやっていたんだよな?」

現役世代を全く知らないくせにそんな思いが突然降りてきました。

 

そうしましたらお二人の名前を検索したわけでもなければ、

どちらかの曲をYouTubeで検索したり聴いたわけでもないのに

次の日の寝る前に全く関係のない分野(音楽ではない)のYouTubeを観ていたら

突然、おすすめ画面に大貫妙子さんの上の↑この動画がぶつかってきたのです!

 

「えっ?これは・・・」「なんで??」

私、検索していないよね?思っていただけだよね?

 

みなさんもそんなことがありませんか??

 

YouTubeやGoogleは視聴履歴や年齢層から

「あなたはこれをみていたから、もしかしてこれにも興味あるでしょ?」

「あなたは先日これを見ていたから、また追いかけて見たのだけれど、どう?」

 

みたいにAIが読み取って関連する動画を一人ひとりにぶつけてくるんです。

 

でも、どうしてネット検索しないでご本じゃない人のCDを聴いていただけなのに

思っているだけ、考えているだけで心を読み取られてしまうんでしょうね?

 

ということで寝る前にシンフォニック&ポップス。

これは大好きな構成じゃないの!!

しかもちょっと開いてみたらそのオーケストラの

音の作り方が抜群に好みなんですわ。
(ちなみに指揮、アレンジは千住明さんです)

 

そうです。千住さんといえば芸術3兄弟。

お兄様は画家の千住博さん。妹さんはバイオリニスト千住真理子さん。

 

わー(@_@) トリハダ~(o|o)

 

「こんなのを寝る前に見たらまた眠れなくなってしまうでないのー!」

 

これは明日にとっておこう!

ということでこの映像を次の日から見ることになりまして、

大貫さんの名前で検索を入れて見たら

これと同じ構成のコンサートが4年ぶりにあるではありませんか。

しかも人見記念講堂。

三軒茶屋の昭和女子大の中にある音楽ホール。

近い。

早速チケットを手に入れようとしたらソールドアウト。

 

「これは当日券を狙うしかない!」

こうやって当日会場に押し掛けたこと、
過去に何回もありましたっけ。

とにかく 当日 会場に いざ”突撃”!!

 

それで当日見ることができました。

 

行動力とスピードが大切です!

何ごともこの積み重ねが成功に近づくんです。

冒頭のシンフォニック、素晴らしいアレンジです。
(よろしければ上の動画、ご覧くださいね)

当日は坂本龍一さんもゲストでいらして

ニューヨークから駆け付けたそうです(2週間の隔離で)

大貫さんと掛け合い漫才のようでした(笑)

 

シンフォニックなのでボーカルにどのように弦の旋律を入れているか

その音ばかりを追いかけていました。

 

駅までの帰り道はこの管弦楽団の弦くんといっしょでした。

そう。弦楽器や管楽器の方たちは自分で楽器を運ぶのです。

コントラバスの方なんてそれはそれは大変ですよ。

楽器のケースにキャスターが付いていて自分で転がして運んでいました。

 

以前にもジャズトリオでベースの方が楽器を布でぐるぐる巻きにして

駐車場まで歩いて運んでいました。

ピアノだと会場の楽器ですが女性でもチェロとか本当に大変。

 

来年からは通常通りいろいろなコンサートが開催されることを祈っています。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:YOUTUBE動画集 (^^♪, ライブ・観劇・テレビ・映画 タグ:, , , , , , , , , , , ,
ページトップへ