ページトップ

イベント・音楽情報

2021.04.24
ピアノ体験レッスンはお子さんが興味を持って習いたいときにだけ効果があります!

ピアノやエレクトーンの体験レッスンはどのような時に

効果があると思いますか?

 

それはお子さまが何歳であってもピアノ、エレクトーンなどの

鍵盤楽器に興味を持って「習いたいと自ら言っている」場合にだけなんです。

 

こちらのブログは既存の生徒さんの保護者の方にはよく読まれているようですが、

1年を通して、特に春あたりには「教室を探しているお子さまの保護者の方向け」に記事を書いていることがほとんどなのですが、

そういった方にはほとんど読まれていないような気がいたします。

 

教室の様子や生徒さんの演奏、私と生徒さんの実際のレッスン風景などを

YouTubeにアップしていますがご覧になられている方は

その後のレッスンもとても良好に進んでいますので良いのですが、

体験レッスンの際のアンケートを拝見しますと

「そんなのあるの?」みたいな方もいらっしゃいます。

柴田音楽教室のレッスン風景

https://bit.ly/3sNiIMH

★★★★★★★

近隣のお教室の先生方も含めて、他の先生も同様のお考えの方が多いので

私が代表してお話させていただきます。

 

有益な情報を発信しても見られない。

利便性だけを考えている(グーグルマップやポータルサイトからいらっしゃる方も

必ず教室の情報・このHPをご覧になるように誘導しているのですが
これをほとんどご覧にならずに体験レッスンだけを申し込んでくる方が多いです。

 

●秋になるとなぜか「他の教室の不平不満を言って体験レッスンを申し込みたい」

という方が増えるのですが、ウチの教室はすべてお断りしています。

お気持ちは重々わかるのですが、経験上そういう方はどこの教室に行っても
上手くいきません。

お子さま自身がすでにやる気をなくしているからです。

負の感情を持ちながら新しいことにチャレンジしたり、新しい環境に飛び込もうとしても
その後良いことは起こりません。

 

●先生とのトラブル、指導のしかたが、、、、”(-“”-)”

コレ、わかります。

 

昔はそういうことが多かったですし、そういう方もすべて快く受け入れていました。

でも最近は「これだけ選択が多い中なぜ、その教室に入門したのですか?」と

お聞きしたい方が多いのです。

恐らくネットなどで教室の情報を大して読まずに行ってしまったのでしょう。

先生との相性など、たったの1回会っただけでわかりますか?

●利便性だけで決めていませんか?

ネット検索でたまたま1位~3位に上がっていたからそれらをサラッと見ただけ。

だから失敗するのです。

 

 

●先生が時間にルーズ、ゆるふわ天然、キッチリ細かすぎるので息が詰まる

ピアノだけで生きているわけじゃなく生活のごく一部なのに

求められることが高尚すぎて疲れる。

 

これらは入門してから分かったことなのでしょう。

 

もしかして気が付かないうちにあなたにも何かあったかもしれません。

●時間にルーズ、無断欠席、月謝の滞納、LINEやメールで矢継ぎ早に連絡したり、

夜中に電話やLINEをしませんでしたか?

忘れ物が多い、レッスン態度が悪い、練習をほとんどしない。など。

あざみ野 ピアノ教室,たまプラーザ ピアノ教室

過去にもこちらのブログ記事で何度も何度もお話させていただいておりますが、

今はスマホで見られる方がほとんどなので昔の記事まで遡って

読むという方はほとんどいらっしゃらないということは承知しています。

★★★★★★

記事の端々にお子さんが興味を持っていれば上手くいく!

という趣旨のことを散りばめていますが、何となく流し読みというか

よく理解されていないのか、たまたま検索で引っかかって2つくらい記事を

サラっと読んでという方がほとんどなのではないでしょうか?

 

今の時代はネットも紙媒体も情報が多すぎて

何を信じたらよいのかわからなくなるし、情報が処理しきれないというのは

私も同じですからよくわかります。

 

綺麗にまとめた記事もありますが、私は長年教室を運営してきて

本当に保護者の方にもお子さまにも真実を伝えたくて

時には”毒舌”のような記事も書かせていただくこともありますが、

もう一度言わせていただきます。

★★★★★★★

●明らかに通えない地域から(オンラインレッスンは別です)

ご自宅が駅から遠い、車をお持ちでないのに体験レッスンのご連絡いただいいても

受け入れることができません。

お子さま一人で電車やバスで通えるのであれば別ですが、幼児は無理でしょう。

小学生ならば私立の小学校に行っている人も多いのでそれと同じ覚悟が必要だと思います。

 

●お子さん自身が習う気がないのに体験レッスンだけ受けるのは

ご遠慮ください(虚偽の申告もおやめください)

●ピアノ、バイオリンなどの楽器の習い事の体験レッスンは
アドベンチャー体験ではありません。

教育施設です。

保護者の方も習わせるという覚悟をもって体験レッスンに臨んでいただきたいと思います。

体験レッスンは実際に先生に会って、
相性や雰囲気などを確かめる出会いの場所なんです。

 

習うという意識が低いまま、アドベンチャーイベントのように

お気軽体験!を宣伝している大手の習い事教室が増えていますが、

母数をたくさん増やせば確率論から言ってたくさん入会する。

それを狙って戦略をかけているんです。

 

心理的作用によって「あの人がやるなら私も」みたいな連鎖的効果が生まれる。

個人教室はそうではありません。

 

「ちょっとどんなもんだかさあ。行ってみるだけね」

 

学校の面接や塾の入塾試験、私立の入学試験はこのような心理状況で行かれる方はいませんよね?

 

●レッスン前に電話に出られる時などもちろん電話に出ておりますが、

生徒さんがいらしてレッスン開始時間になってそれをお伝えしても

電話をお切りにならない新規のお申し込みの方が目立ちます。

 

空いている曜日と時間を的確にお伝えしても10分くらい迷われている方がいますが、
曜日と時間とタイミングが合わないということはご縁がないということなのです。

 

ピアノ教室を仕事としてキチンとこなしているので、

既存の生徒さんをないがしろにはしたくありません。

こういうことをルーズにしてしまうと信用が無くなりますし、

これは社会人としてどの業界でもおなじです。

 

事実、現在在籍している生徒さんも過去に在籍していた生徒さんも
みなさん体験レッスンお申込みのお電話から体験レッスンをうけて入会まで、
何の引っ掛かりや弊害もなく
ごくスムーズなんですよ。

無理やり入会でも何でもありませんでしたし、

上手くいくことって何事もスムーズに事が進むものだったりします。

(余談ですが、昨今話題になっているある方のご結婚問題も同じです)( ;∀;)

 

●他の教室でモチベーションが下がってしまった

お子さんがモチベーションが下がってしまったことは今の先生にご相談ください。

今の先生を信頼して下さい。

他の教室に行ってもモチベーションが上がってやる気になることは
今の時代はまずありません。

 

●ピアノと関係のないことや、小学校受験のいらだちをぶつけるのは筋違いだと思います。

6才のお子さんは自分の意思ではない受験で「いい子を演じること」に

疲れておけいこどころではないのです。

見栄や女の子のご教養としてピアノやバイオリンをステイタスとして習わせるのは

後々地獄を見ることになります。

 

●重複しますがご教養としてピアノやバイオリンなどを習わせるのは

おけいこ事が少なかった「昭和」の時代のことです。

今は習い事が多様化しています。

お子さんの好きなことを習わせてあげて下さい。

★★★★★★★

体験レッスンに来て緊張するのは当たり前なんです。

ですからこちらはできるだけ緊張を解きほぐす言葉をかけたり、

そういった態度で接しています。

★★★★★★

年齢が3才でもそれ以上でも中学生でも

『質問しても何もしゃべらない、ピアノの鍵盤に一切触れることをしない』

 

こういうお子さんがたまにいます。

 

なぜだと思いますか?

緊張しているからではないのです。

やりたくないからです。

 

それを認めたくないのはわかりますが、私は3秒でわかります。

やりたくないお子さんはわざと態度を悪くします。

やりたいお子さんは何歳であろうとも一生懸命に鍵盤に触れようとしますから。

 

もう一度言います。

みんなが幸せに、楽しく、上達してレッスンを形にするのは

お子さんが興味を持って習いたいといった時です。

そして保護者の方も習わせるという意識をもっていらして下さいね。

あとは、実際にお会いしてみてレッスンのやり取りや雰囲気や先生との相性などを
見ると良いかと思います。

★★★★★★★

 

毎回、このようなことを申し上げるのは本当心苦しいですが、

今後、毎回の記事に書かせていただかなければならなくなりました。

 

いつも記事を読んで下さっているみなさまには本当に鬱陶しくて申し訳ないと思っています。

でもお許しください。

毎回書かないと新規の方には伝わらないんです。

★★★★★

引き続き、ピアノ・エレクトーンを弾くことに興味を持っている前向きなお子さまへ

体験レッスンを行なっています。

 

横浜市青葉区あざみ野、たまプラーザの柴田音楽教室

お申し込みはお電話にて承ります。

tel:045-913-8946

https://www.rs-music.com/child

カテゴリー:子供のピアノレッスン, 小学生のピアノレッスン, 幼児のピアノレッスン タグ:, , , , , , , , , ,
ページトップへ