ページトップ

イベント・音楽情報

2008.07.05
七夕の思い出 ~函館編~

もうすぐ七夕ですね。


小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では何か特別なことをなさるのでしょうか?


地域にもよるのでしょうけれど、有名なのは仙台の七夕まつりと平塚ですかね?
(見たことはありませんが)


北海道では七夕は通常より1ヶ月遅れの8月7日に行なうところが多いのですが、函館では本州に近いという理由からなのか未だに知りませんが7月7日に行なわれます。


日本全国他の地域ではどのような感じかわからないのですが、私がヤマハの講師をしていた20代前半の頃、下が倉庫・駐車場になっている住居部分は2階の戸建てに一人暮らしをしていました。 
駐車場はなくても家の前に車を止めればOKみたいな、首都圏ではとても考えられないような・・・。


七夕が近づくとあちこちのスーパーで子供のお菓子入りセットがワゴンに山積に売られるのです。
私はそれが何を意味するのか全くわかりませんでした。


何年かしてわかったのですが、それは七夕の夜子供達がグループになり
 なんとかかんとかなんとか1つ、ローソク1本ちょうだいな~


みたいな歌を歌いながらちょうちん行列を作り、各家庭をまわりローソク(といっても当時はアロマキャンドルのようなオシャレなものはなく、仏壇用のローソクしかないような)をもらうという風習が函館地方には根付いていたのです。


それが「子供達にはお菓子を」と誰が最初にそうしたのか、いつの間にか各家庭からお菓子をもらうみたいな風習が根付いてしまったようです。


なんだかハロウィンみたいでしょう。


当時、超貧乏だった私は、見ず知らずの子供達に未知数のお菓子など買う余裕はなく、7月7日の七夕の夜には電気を消して居留守をつかっていたのを覚えています。笑


あのー、これを書いていてもう一つ思い出しました。


「今まで10数年、人に言われるまで気が付かなかった北海道の風習編」


ネット閲覧して友達に話して大爆笑されたそのお話。


また、いつかここに書きますね。


あざみ野 たまプラーザ 青葉区 都筑区 宮前区 横浜 田園都市線 ピアノ教室 エレクトーン教室 ジャズピアノ コードネーム

カテゴリー:プライベート タグ:
ページトップへ