ページトップ

イベント・音楽情報

2013.10.18
発表会の準備、着々と進んでいます。

最新のジブリ映画の主題歌【ひこうき雲】は荒井由実(現 松任谷由実さん)の楽曲なのはもう、みなさん御存じですよね?

実はこの曲40年前のオリジナル曲なんです。 

DVC00029;obkxc6
 こちらの楽譜は私が小学校5年くらいの時に買ったものなんですよ。

楽譜って財産ですね。 いつ、どんな形で役に立つかわからないです。

実はこれ、メロディとコードと歌詞が書かれた 【ギター譜】なんですね。(当時はわかりませんでした。どうしてオリジナル Keyで書かれていないんだろう?)と。

それが高校の時、ギターをやるようになって初めてわかったのですね。

これをちょっとピアノ譜に書きなおしてみましたよ。

9tyDVC00028r
店頭でも売っていますが、こちらは入門してまもない小学生の女の子のために書きなおしました。

今回、コチラの曲を発表会にてDuoでお披露目します。

今、発表会の準備中なのですがここでその経緯をお伝えしますね。

まず出演できる生徒さんを選別します。

ステップ2以上のテキストが順調に進んでいること。

この基準というのは  【普段のレッスンで練習曲が着々と進んでいるかどうか】です。

これは年齢や入門時期にあまり関係がないようです。

要するに、「普段から曲が合格するのにいつまでもダラダラ時間がかかっている」 ようでは発表会への出演はいつまでたっても難しい、ということなのです。

普段使っているテキストの中から適当に選曲する先生も多いみたいですが、それでは聴いている方々もつまらないじゃないですか?

DVC00031

そして曲が決まりある程度まで曲が完成しつつある段階で2曲目を決めてそちらのレッスンも並行して行います。

出演者と楽曲が決まり1曲目が仕上がり段階に入るとこの段階で上のような【楽曲進行状況】を貼りだします。

こうしてそれぞれの仕上がり状況をチェックし合い、仕上がりまで持っていくようにみんなに頑張らせるのです!
(要するにこれは あおり ですね。。。。 自分だけまだできていない、これではいけない。という状況にまでもっていかないと個人レッスンは一歩間違えると大変なことになってしまいますから。

発表会当日に他の人があまりに上手くてドン引きしてしまった、泣いてしまった。という例が過去に何人かありました。

それぞれの当日リハーサル時間を割り出していきます。
あp0nDVC00027rg

おおよそのプログラムを作成していきます。
ここで名前の漢字間違い、学年、楽曲のタイトルの間違いがないか入念にチェックしていきます。
DVC00054

出席の確認、お申込書をいただいたら各ご家庭ごとに来場される人数を確認してテーブル割りをいたします。
(実はこの作業がとても大変です)
まず手書きで絵コンテを作ります。

DVC00033

次にこれをもとにパソコンでレイアウト図を作成します。
パソコンがあまり得意ではない私はこの作業に3日費やしてしまいます。 泣)

それをホテル側と打ち合わせしていきながら微調整していきます。
下の図はホテル側が作成した当日のレイアウトです。

DVC00061

これを基に再度自分で作成したレイアウトを微調整していき、完成です。

DVC00063

次にプログラムの作成です。
最初に打ち出したものを基にさらに微調整していきます。
そしてそれを手作業で色画用紙に貼っていきます。

こうして完成したものがコチラ

DVC00049

もうひとつこちらのプログラムとあいさつ文を司会の子に前もって渡します。

DVC00052

因みに毎度のことですが発表会2か月前くらいから3週間前になると私は顔つきも人格もかなり変わります。。。。

あと一歩の仕上がりのお子さんやこのままの状態では仕上がらない! という状況のお子さんにはかなり厳しくなりますよ。

もう、完全に松●修造さんになっていますから!

セリフそのものが普段のレッスンでは考えられないほどのものが口から湧きでたりします。

どうせならただ順番に出てきて弾くだけよりもやっぱりいいものをお見せしたいじゃないですか?
選曲する段階から適当になんてことは絶対にあり得ませんから!

その子が一番輝けるもの、そして終わった後に必ずステップアップしていけるもの、そのために発表会はあるわけですからね。

ですから当日よりも準備期間の方が大変なわけです。

ちなみに今回は観客数が過去最大になってしまいまして、満員でテーブルとお席の余裕がございません。
<(_ _)>

まだ入門してまもない生徒さんやこれをご覧になって「見に行きたい」と思われる方もいらっしゃると思います。

テーブルをすべて屈指 してやっとの状態ですので、お立ち見でよろしければどうぞお越し下さい
ませ。
因みに今回は生徒さんと一緒に弾く場面がいつにもましてとても多いのです。
(やっぱり好きなんだなぁ、バンドや人と一緒にやることが・・・・)だからエキサイトしてしまうのかも知れませんね。

本番まであと3週間を切りましたが みなさん体調などくずさず自宅練習も本番も頑張って下さいね!

あざみ野 青葉区 都筑区 宮前区 ピアノ教室 

カテゴリー:① 子供のレッスン, ⑧  発表会ライブ タグ:
ページトップへ