ページトップ

イベント・音楽情報

2014.11.16
ジャズピアノ講座 バラードを心地よく演奏するには

130626_202308バラードを表情豊かに、聴き手を感動させる演奏にするには?

★ 釈で計ったようにキッチリ弾かないこと。

テンポルバート(自由に)と書かれていなくても、ルバート気味に弾くことがコツなんです。

よく【泣きのサックス】 というのがありますよね?

ジャズやブルースでキッチリ綺麗な音で吹いている音を聴いても、泣けませんよね?
感動しませんよね?

ハイブロウとか、ためとか、 管楽器にもジャンルや曲目によっていろいろな音の出し方があると思うのです。

それと一緒ですね。

ある程度曲全体が弾けたら、今度は歌いながら弾いてみることもオススメします。

歌もいろいろなジャンルがあるのですが、例えば 【演歌】

あれを合唱曲のように正統派で歌ってみたら、聴いている方も感情移入しませんよね。

ピアノでバラードを弾く時も同じではないかと思うのです。

【自分がその曲を歌っているように弾く】

ミスがなくても何だか機械的とまではいかなくても、指先で自己完結で弾いているとそれは聴き手を感動させることが出来ないのです。

【聴いている人をを感動させるように、相手に届くような気持ちで心で歌う】

この一言に尽きるのかもしれませんね。

講師の演奏動画を観ることができます。
柴田音楽教室のYou Tubページ


柴田音楽教室 
  045-913-8946 お電話番号をタップされますとお電話がかけられます。

レッスン中または時間外には留守番電話になります。
お名前とお電話番号をメッセージとして残していただけると幸いです。 後ほどこちらからご連絡差し上げます。

カテゴリー:② ブライダル・ラウンジプレイヤー養成コース, ④ ジャズピアノのレッスン タグ:
ページトップへ