ページトップ

イベント・音楽情報

2015.08.14
ジャズピアノのレッスン
こんにちは、横浜市青葉区あざみ野たまプラーザ新石川の柴田音楽教室です。

本日はジャズピアノのレッスンのご紹介です。

子供の頃から習っていたのはクラシックピアノだけ。
ジャズピアノを弾きたいけれどジャズってなんだかむずかしそう・・・・。

そんな風に思っていらっしゃる方がとても多いのではないでしょうか?

ジャズを聴くのがお好きな方でしたらこのお悩みは一気に解消できますよ。

とにかく耳で何度も何度もあびるようにそれらの音楽を聴き、体で覚えることが上手くリズムのノリをつかむコツでしょう。

それでは当教室で行なわれているジャズピアノのレッスン風景をご紹介したいと思います。

まずはジャズのスタンダードやジャズ風にアレンジされた楽譜をほぼ譜面どおりに演奏してジャズピアノの醍込みを楽しみます。

当教室でとてもいいレッスンができている方をご紹介させていただきますね。 
 

当教室に春に入門されたばかりの方です。

これはセッション、バッキングのレッスンになりますね。

【ソロピアノは弾けても、誰かとセッションするときにバッキング(伴奏部分)ができない。
楽曲にどんな伴奏をつけて良いのかがわからない】

こんな方にはこのような セッション感覚でのレッスンも多彩に行なっています!

とても熱心に練習されていらっしゃるだけではなく【何度も何度もCDやYou tubeなどで繰り返し音楽を聴いて】いらっしゃいますね。

jazzpianoというのはリズムのノリがとても大切なんです!

特にこのシンコペーション(タイの中でも小節にまたがってリズムが前のめりに喰ってる感じのことをいいます)

ジャズに限らず一般的にお店や街中でかかっているBGMなどの音楽にはこの シンコペーションのリズムが当たり前に使われているのですが、クラシックピアノだけをひたすらやって来られた方はこのリズム・グルーブ感をつかむまで(体で感じるまで)それなりの時間がかかるかも知れません。

次にジャズスタンダード楽曲のレッスンです。

アドリブができるようになりたい、シードシート(コードネームとメロディだけの譜面)で弾けるようになりたい。

これを実際に行なう前にジャズスタンダードの楽曲やジャズアレンジされた楽曲をたくさん弾いていきます。

クラシックとは考え方もノリも全く異なりますのではじめは戸惑う方もいらっしゃいますが、とにかく繰り返し何度も音楽を聴く、イントロ、テーマ、サビの部分、アドリブの部分などとそれぞれのパーツごとに練習をしていくことがうまく弾けるようになるコツです。
 

次回は 【コードネームでピアノを弾こう!】のレッスンコーナーをご紹介したいと思います。

 ジャズピアノのレッスン

カテゴリー:(^^♪ YOU TUBE動画集 (^^♪, ④ ジャズピアノのレッスン タグ:
ページトップへ