ページトップ

イベント・音楽情報

2015.09.13
体験レッスン 続々お申込みをいただきありがとうございます。

横浜市青葉区あざみ野たまプラーザ新石川のピアノ・柴田音楽教室です。

先日、大人のレッスンの体験レッスンを行ないました。

こちらの女性は3歳からず~~~っとピアノを習われていて、これからはクラシックの他にもいろいろな曲が弾けるようになりたい、ということで当教室オリジナルのコースであります【ステキなアレンジピアノウキウキレッスンコース】をおすすめしました。 

教室にも資料としてたくさんの楽譜があるのでよくご希望をお聞きして、体験レッスンでお会いした時にいろいろおすすめ曲などご提案します、ということでご連絡をいただいた次の日にいらしていただくことに。。。。。 

「見てみたら結構家に買ってそのままの楽譜があったのでいろいろ持ってきました~」

ということで拝見するととてもマニアックな映画音楽などの楽譜がありました。
なんだか嬉しくなりましたねぇ。

その他に「学生時代に弾いた曲なのですが、もっとみんなに伝わるような演奏がしたい!」ということで、
まずはその楽曲、映画【ティファニーで朝食を】のテーマ曲「ムーンリバー」を聴かせていただくことに。

比較的簡単なアレンジの譜面でしたが「何となく両手で弾いているというのではなくてこんな風に練習をするといいですよ~。」とご提案させていただきました。

彼女の顔がみるみるうちに明るくなっていくのがわかりましたよ。

そしてコードネームのレッスンです。

先日もこちらのブログに書きましたが、コードはよくある「キーボード・ピアノコード一覧表」みたいなのを買ってきて一個一個暗記をするようにおぼえるのはおすすめしないのです。

基本のコード進行からメロディにコードをつけて行って演奏してみる。
そしてさらに基本から徐々に段階を踏んで派生していくのが一番ですよ。
曲として使えないと意味がないですから。

というお話をさせていただき、私は理論ずくめで固めませんので大事な要点を教えて、まちがってもいいのでまずは3コードをおぼえて即座に弾いてもらうんです。
よく知られているメロディをまずは弾いていいただいて、それを当てはめてみて楽曲として成り立たせるようにしていきます。
学校でよくある授業のようにこの音が和声音でこの音が何でと横からぐちゃぐちゃ言いません。

まずはとにかくやってみる! 音を出してみる!

間違っても大丈夫。 落ち込まずにまずは感覚でつけてみる。
何かおかしいなぁ? と思ったら大体それは間違っているんです

ではまずはこの曲のメロディを弾いてみてからコードをつけて弾いてみて下さいね。

ということでご本人も納得!

お帰りになられる時「コードの覚え方がわかってよかったです」と言っていただきました。

今月は現時点で大人の方あと3名の方から体験レッスンのお申込みをいただきました。

お一人はギターでコードは弾けるけれどピアノでもコードを覚えて曲も弾けるようになりたいバンドの方です。

もうお二人はラウンジピアニストご希望の方と、ジャズピアノのレッスンをご希望されていらっしゃる方ですね。

お子様のレッスンはすでに夏休み中に体験レッスンを受けてこの秋から入門されるお子様です。
受け答えもバッチリ!で楽しくレッスンできましたので今から本レッスンがとても楽しみです!
imagehuji
 

カテゴリー:① 子供のレッスン, ⑤ 大人のレッスン  タグ:
ページトップへ