ページトップ

イベント・音楽情報

2016.02.10
ピアノレッスン 集中して練習することの大切さ

こんにちは。
横浜市青葉区あざみ野たまプラーザの柴田音楽教室です。

本日は 【集中して練習することの大切さ】についてお伝えさせていただきます。

昨年の年末にとある男子中学生のお母さまからお電話をいただきました。

「学校でクラス対抗の合唱のピアノ伴奏に推薦されたのですが、実際にピアノの技術が身に着く前に受験の際にピアノを辞めてしまってほとんど弾けない状態なんです。 
試験休みと冬休みが結構あるのですが、2月中旬の本番まで何とか弾けるでしょうか?」

「ピアノが全く初めてではなくて、小4までは少し習ったことがあるのですね。
曲の伴奏レベルがどれくらいなのか見てみないと何とも言えないのですが、取りあえず学校での行事ですので学習の一環としてこの年末年始を挟んで集中的にレッスンを行なってご自宅でも集中して練習するとよいと思いますよ」

ということで、2ヶ月間の間お昼間にレッスンに来てもらうことになりました。

楽譜を見させていただくと、バイエルレベルでそんなに難しくない感じで曲の長さも見開き2ページでした。

N君はとても頭脳明晰で優秀な学校に通っています。

でも、音楽にはもともとあまり興味がないようで、幼児の頃から 自分の意思ではない上でピアノを習っていたようでした。
これは男の子によくあるパターンなのかもしれませんが、男の子は基本自分が興味のないことには見向きもせず、興味のあることはその集中力は女の子の比ではなくハンパありません。

N君は中学生ですので、さすがに学校の一大行事で先生から指名されたとあればやらなければなりません。

そこで私は「以前に習っていたレッスンはどんな感じの進め方だったかはわからないけれど、多分そのレッスンと先生(私)のレッスンの進め方とは違うと思うけれど、短期間で確実に弾けるやり方を教えるからついてきて下さいね」

ということで【何となく全体を弾く、とか、右手だけ全部弾いて左手は後回し、とか間違った練習方法や遠回りな練習方法は一切やらずにレッスンでは無駄がなく的確に弾き方を教えて、次のレッスンまでに その練習の仕方を忠実に守って、それを弾いてきて下さい】

ということを伝えました。 

N君は言われた通りに忠実にやって来ました。

レッスンでも弾けない箇所があると、自分でも気に入らないらしくその部分だけ抜き出して何度も何度も繰り返して弾き続けました。

そして次の小節から少しずつ進んでいき、また弾けない箇所があると何度もそこだけ練習をし続けました。

少しずつ弾けるようになって、レッスンをはじめた当初より少しずつN君の顔が、表情が明るくなっていくのがわかりました。

おおよそ全体が弾けるようになってくると、横では私がエレクトーンでメロディの部分つまり歌のパートを弾きN君がピアノ伴奏をするというスタイルを取ってクラス全体の歌が入った時にひとりよがりの演奏にならないようにしていきました。

だんだんと走っていく、テンポが速くなっていくクセがありましたので、リズムとベースを入れてそこに自分がのっかっていくように弾く癖をつけて行きました。

8回のレッスンのうち、6回目でほとんど歌入れで弾けるように。

「まさか、こんなに弾けるとは思っていなかったです」

これはお母様の言葉です。

7回、8回目のレッスンではこのレッスンにより自分にもう一つ自信がついたようで、本当に表情まで見違えるように変わっていったのです。

N君は毎日何時間も練習するのではなく、1日に30分ほど練習したと言っていました。

【効率の良い練習の仕方】

以前にもこちらの記事で幾度かお話しましたが、やたら時間をかけることよりもいかに効率の良い練習をして短期間で曲を仕上げるか、 これは本人の自覚とレッスンの進め方によります。

柴田音楽教室
☎ 045-913-8946 
 ;pgsjv

カテゴリー:① 子供のレッスン, ④ ジャズピアノのレッスン タグ:
ページトップへ