ページトップ

イベント・音楽情報

2018.02.10
実は・・・他のピアノ個人レッスンではクラシックの感性しか身に付きません。

こんにちは。

横浜市青葉区あざみ野 たまプラーザ 新石川のピアノ教室

柴田音楽教室です。

 

音楽を習い始めるにあたってピアノ いわゆる鍵盤楽器は幼児から小学生にかけて

とても身近な存在ですよね?

 

これをご覧になられているお母さま方は子供の頃にピアノを習った経験がある方も多いかと思います。

 

そのレッスンは クラシック音楽だけじゃありませんでしたか??

いいえ、別にそれでもいいんです。

 

ただ、お家でクラシック音楽を聴く環境にありましたか?

ほとんどの方が 「いいえ」とお答えされると思います。

 

実は、気が付いていらっしゃらないかと思いますが

「ピアノを習っていても

音楽は好きなのに何となくピアノレッスンがつまらなかった・・・」

 

こうおっしゃる方の根本原因はここにあるのです。

 

つまり、「普段なじみの薄い音楽でおけいこさせられた。」

 

これをなじみのある曲だったり、耳で聞いて「あっ、この曲イイ!」と思える曲で

レッスンできたらもっとピアノレッスンが楽しいものになっていくと思います。

 

音楽の基礎的な部分はとても大切。

その後、ずっとクラシックだけではつまらない、どこも同じです。

 

大人の上級者の方や先生方にもたくさん教えてきましたが、

みなほとんどクラシックしか習ったことがないので他の音楽ジャンルの

感性が育っていないのです。

【これではいけない】と思い、ジャズ的な要素が含まれた音楽をも

たくさん取り入れるようにしてきました。

 

そこで気が付いたこと。

【子供のころからいろいろな感性を身につけないとダメだということ】

ですから基礎の段階の次のステップに入ったらクラシックと同時進行でジャズも取り入れています。

「こんな曲は今更ひけない。子供の頃にやりたかったです」

「こんな曲が弾けてうらやましい」

「発表会の選曲がおもしろい!」

 

これは保護者の方にも大評判です!

https://www.rs-music.com

ぜひ、他の記事もご覧くださいね。

 

ブログの他の記事も読む

 

 

カテゴリー:① 子供のレッスン, 小学生のレッスン, 幼児のレッスン タグ:
ページトップへ