ページトップ

イベント・音楽情報

2018.06.10
ピアノレッスンと上達の関係は生活習慣と思考習慣・行動パターンですべてが決まります。

横浜市青葉区あざみ野 たまプラーザ 新石川のピアノ教室

柴田音楽教室です。

 

みなさんはどのような生活習慣をお持ちでしょうか?

生活パターンはそのご家庭によって異なりますので

一律には語ることができませんが

 

上手くいく人の生活習慣

 

①朝、登校前の短い時間帯にチョコっとピアノを練習する

②夕食の準備中に15分・30分練習をする

 

できる範囲で 隙間時間を有効に活用するということですね

 

 

◇うまくいく行動パターン◇

 

①1曲通して何度も弾くことも大事。

それよりももっと効率的な練習方法は

『なかなか上手く弾けないところだけ切り取って

その部分だけ7回~10回練習する』

②片手練習をとにかくたくさん行う

③楽譜に書かれたことをきちんと守る

楽譜に書かれた情報だけではなく、先生に注意書きされたことを忠実に守る)

④手を見て弾かない

このくせをつけてしまうと楽譜を見られなくなるため、

何度も何度も同じことを注意されます)

 

思考習慣

 

①いつもうまくいくことはないと思いますが

無意識のうちに何でもマイナス思考に持っていく癖のある人は

注意が必要ですよ。

 

「自分はダメだ。できない人間だ」

こんなことを考える必要なんかないのです。

 

完璧な人間なんてどこにもいないと思います。

 

時間をかけてじっくりとやればできることの方が多いのです。

 

それを継続できるかできないか。

こちらの方がずっと大切なこと。

 

②人は人 自分は自分 という思考を持つことも大事

 

③わからないことは質問するくせを付ける

 

 

~~~ゆとり教育の前から教え続けていますが

ゆとり教育の真っただ中の何年かは本当にひどいものでした。

 

何でもかんでもやさしく・ゆったり・がんばらなくていい

少しでも難しくするとみんな辞めるから・本が売れないから

という事態が定着して、いつまでたっても初心者の域を出られないような

カンタン・お気軽なテキストが出回っていました。

 

私はその頃「世も末だな」「これからの教育は一体どうなるんだろう」

と頭を抱え続けました。

いくら丁寧に教えても本人に覚える気が全くない

こういった風潮があふれ出したのです。

 

地域性も大きいです。

環境が人を作る といっても過言ではありません。

 

教育意識の高い地域に住んでいたり、

意識の高い中にいると

上をめざすことが当たり前 という空気が流れます。

(入塾試験のある 塾もそうだと思います)

 

ところがそうでない場合、意識の高い人がいると

足を引っ張ったり、意味のない嫉妬から集団で阻害されたりすることもあります。

 

こういう場合、いち早くその場所から立ち去ることですね。

 

今いる場所から移り変わっても上手くいかない場合

やはり行動習慣と思考習慣を全くと言っていいほど

入れ替えないとまた同じパターンを繰り返します。

 

いかがでしたでしょうか?

 

生活習慣と思考習慣、行動パターン

変えてみると意外な変化が訪れるかも知れませんよ。

 

他の記事も読んでみる

 

発表会に関する講師の考えを

別記事でまとめました

ご覧ください

発表会について思うこと 追記しました

 

 

カテゴリー:① 子供のレッスン, 小学生のレッスン, 幼児のレッスン タグ:
ページトップへ