ページトップ

イベント・音楽情報

2018.07.06
ピアノレッスンの時、足のかたちはどうなっていますか?

横浜市青葉区あざみ野 たまプラーザ 新石川のピアノ教室

柴田音楽教室です。

 

ピアノを練習しているとき、レッスンのとき

 

ピアノは手を使うので手の形ばかり指摘されているようですが

弾いているときの姿勢はモチロン

 

足の格好がどのようになっているかを見れば

弾けるか弾けていないか

 

レッスンに集中しているかどうでないかがすぐにわかってしまうんですね。

 

弾いている曲にまだ自信がない時の足って

足が つま先立ちになっているんです。

つまり 【地に足がついていない】

 

よって心理的にますます弾けるようにならないわけです。

 

わかりやすくいうと

足が L字のさかさまの形になっていることが正しいわけですね

 

レッスンの時にリラックスしすぎて

足が伸びている状態になっていると

弾いている音に全く集中できていない状態になります。

 

 

レッスンの時には手の形だけではなく

弾いているときの姿勢や足の置き方も注意を促しています。

 

お家での練習時にも気を付けましょう。

 

普段のちょっとしたこと、心がけ

これらがすべてピアノが上手くいくかどうかに関係してきます。

 

これは勉強でもスポーツでも

すべてのことに言えますね。

 

ちょっと早いですが

2期 9月からレッスンを受けたいとお考えのお子さまへ

7月、8月の夏休み中に体験レッスン申し込み受付中です。

 

幼児・小学校低学年のお子さんで

是非とも ピアノが上手くなりたい!

いろんな曲が弾ける人になりたい

コードでもピアノが弾けるようになりたい

 

などなどございましたら

レッスン風景やレッスン動画をごらんいただき

ぜひ教室やレッスンの雰囲気をご参考にしてくださいませ。

YouTube動画でレッスンの雰囲気を観てみる

 

青葉区 都筑区 宮前区 田園都市線のピアノ教室

あざみ野 たまプラーザで”指導経験豊富で上達させる”

”クラシックもジャズも習えるピアノ教室” を

お探しでしたら柴田音楽教室

 

レッスンのお申し込みはお電話でお願いいたします。

045-913-8946  柴田音楽教室

カテゴリー:① 子供のレッスン, 小学生のレッスン, 幼児のレッスン タグ:,
ページトップへ