ページトップ

イベント・音楽情報

2019.06.26
どんなお子さまも自分で楽譜を見て弾けるようになります。

☆彡いつも楽しい会話と笑いが絶えない

上達できるピアノ教室☆彡

 

クラシック・ジャズ・ロック・ポピュラー・映画音楽

どんなジャンルの音楽も習えます。

 

横浜市青葉区たまプラーザ、あざみ野のピアノ教室

柴田音楽教室です。

 

新石川・荏田・中川からは徒歩で通えます。

近隣にコインパーキング、数か所ございます。

 

自転車通学もOK(#^.^#)

 

 

楽譜をみてひけるようになるお子さんが続出です!(^^)!

 

楽譜を見てサラサラっと弾けるようになるには

習い始めからの習慣が大事なんですよ。

 

はじめは短い曲からはじまって

 

習い始めから数か月で1ページの曲を

自分の力で譜読みして

弾けるようになります。

 

自分で楽譜が読めるので、

お家での練習も「よめない、わからない」になりません。

 

これはたくさん曲をこなしていく

”慣れ” なんですよ。

 

誰だっていきなり難しい曲は読むことに苦労しますし、

時間がかかりますよね?

 

ですからやさしい曲から、どんどん自立させていきます。

 

「楽譜に書かれた音符と指番号を正しく弾く」は

ステップ2までですね。

(ここまでの曲数も基礎を作っていく上で

充分な量があります)

 

ステップ3になるお子さんは

指使いもちょっと複雑になっていて、

ステップ1・ステップ2でしっかり顔を上げて

楽譜を目で追う ということの積み重ねが

できていますので、さらに自力でできるようになります。

 

そしてそこからはスラーやスタッカート

休符を意識すること(これは体験レッスンの段階で

かなり意識してやっています)もキチンと表現できるように

なっていきますね。

 

そしてだんだんとただ楽譜に書かれたとおりに

正確に弾くことだけでなく、

リズムはどうなっているか?

どんなばんそうがつい伴奏が付いているかを

意識して弾くようにしていきます。

 

そして強弱ですね。

これはステップ2の段階から少しづつ意識していきますが、

ステップ3,4になるとさらに表現できるようになります。

 

まずは自分で譜読みをすること。

その後に先生が「こんな曲。こんな風に弾く」と

弾いてあげます。

 

目には見えていないようで、少しづつ進歩していき、

急に伸びる ”ブレイクポイント” が必ずやってくる時が来ます。

 

ですから

弾くことが好き! 弾けるようになると嬉しい!楽しい!

 

やがては自分から「こんな曲が弾けるようになりたい」

「この曲が弾きたい」と思うようになります。

 

教室側からも教則本だけでなく

途中のレッスン過程でいろいろな曲を

連弾して見たり、与えています。

 

★体験レッスンは

 

わかる できる なっとくの3ステップ

 

お申込みはお電話にて承ります!(^^)!

tel:045-913-8946

 

 

☆柴田音楽教室のInstagramは

こちら フォローしてね!

☆Twitterは

Twitter あざみ野、たまプラーザの柴田音楽教室

☆Facebookページは

柴田音楽教室のFacebookページはこちら

 

 

 

 

 

たまプラーザ ピアノ教室,あざみ野 ピアノ教室,青葉区 ピアノ教室,都筑区 ピアノ教室,田園都市線 ピアノ教室

 

カテゴリー:① 子供のレッスン, 小学生のレッスン, 幼児のレッスン タグ:, , , , ,
ページトップへ