ページトップ

イベント・音楽情報

2022.11.11
宮前区の鷺沼から幼稚園の女の子が体験レッスンに来てくれました!

幼稚園からピアノを習いはじめるお子さんがとても多いです

 

宮前区の鷺沼から幼稚園年長の女の子が体験レッスンに来てくれました!

 

鷺沼は川崎市宮前区なのですが横浜市青葉区のすぐ隣にありまして、

私は田園都市線沿いの「鷺沼小学校からたまプラーザの美しが丘2丁目」にむかって歩く緩やかな坂道の風景が大好きです。

ピアノを弾く女の子の画像

 

 

◇この日とても良い天気だったせいか

はじめてお顔合わせをしたKちゃんは最初からニコニコと楽しくレッスンができましたよ。

ーーーーーーーーーーーー

◆「おゆびには番号が付いているんだよ。これが右手の1の指、2の指・・・・

こっちが左手の1の指、2の指なの」

 

先生といっしょにやってみよう!

 

◆「ピアノはおうちにあるの? 今日おうちに帰ったら左手でも弾いてみようね」

 

Kちゃんはとまどうことなく私と一緒に右手と左手のゆびをおりながら

番号を覚えていきました。

 

今度はさっそく実際に鍵盤にゆびを置いて音を出してみます。

「ピアノの鍵盤って幼稚園のお子さんにとってはとても重いものですよね?」

 

◆「ここにあるたまごのおもちゃを持ってみる?」

 

こうして手のかたちのイメージをすぐに作っていきます。

ト音記号と卵の画像

◆「ここに白と黒のがあるでしょう?これね、鍵盤って言うの」

Kちゃんはさっそく鍵盤の数を数え始めましたよ。
(結構な高確率で鍵盤の数を数え始めるお子さん、多いんですよね) ^^) 

 

◆「今日はいろんなドの音をおしえてあげるね」

Kちゃんは興味津々です。

 

◆「2つの黒い鍵盤と3つの黒い鍵盤があるでしょ?
そこに動物さんを置いてみようね。

(ここで2つと3つのちがいをパッとみておいてみます)

 

◆「おゆびを先生といっしょにチョキにしてみようか?」

「そう、そんな感じよ」

◆「じゃあ次はこのぷにゅぷにゅを2つの黒い鍵盤のうえにおいてみよう!」

ピアノの鍵盤の画像

こんな感じで黒い鍵盤に置いてみました。

 

「ここにおいたところの一番右の白い鍵盤に1のゆびを置けるかな?

もう一度たまごをもっててのかたちをつくってみよう!

 

まずは真ん中のどの音をおぼえます。

ここに何か英語が書いてあるよね。

この辺りにある2つの黒い鍵盤のここが真ん中のどの音なんだよ。

鳴らしてみよう!

 

こんどはそれよりも少し高いところにある2つの黒い鍵盤わかるかな?

ピアノの鍵盤の画像

このようにいろいろなドの音を出してみました。

 

◆「ドの音でもいろいろな音があるね」

 

👧「こっちは氷の音みたい」

たか~いドの音はこんな表現をするんですね。

👧「こっちはお寺の鐘の音 ゴ~ン」

低~いピアノの音はよく聴いてみるとグランドピアノとアップライトピアノと
電子ピアノでは全然音がちがうのですよ。

 

レッスン室は外や他の部屋に音が聞こえないだけでなく、

耳が研ぎ澄まされて自分が鳴らしている音をよく聞くことができる構造になっているのです。

 

このような感じで体験レッスンはスタートしていきます。

 

はじめはどのお子さんもとっても緊張しているのですが

だんだんと雰囲気に慣れてリラックスしていきますよ。

 

つぎは \入会後のレッスンでどのテキストを使ってレッスンをはじめていくの?/

 

これは一人一人の生徒さんのパターンによって変えています。

いわば 「処方箋」ですね。

 

■柴田音楽教室のブログはピアノレッスンにお役立ちコンテンツがたくさん!

スマホの画面に「ホーム画面に追加」していただくと

いつでもどこでも過去の記事もご覧になれます。

 

■Instagramでは生徒さんのレッスンの様子が盛りだくさん!

ぜひ教室の雰囲気をごらんくださいね。

⇒ 柴田音楽教室のInstagramを見てみる

\入会希望のお子様の体験レッスンはお電話にてどうぞ/

℡ tel:045-913-8946

レッスン中などは留守番電話に切り替わることがございます。

●お子様のお名前とご年齢(学年)お電話番号をメッセージの後にお願いいたします。

後ほどこちらからご連絡させていただきます。

 

 

 

 

カテゴリー:子供のピアノレッスン タグ:
ページトップへ