ページトップ

イベント・音楽情報

2021.06.24
受験期のピアノレッスンをどう過ごすか?

横浜市青葉区あざみ野 ピアノ教室,たまプラーザ ピアノ教室

柴田音楽教室です。

●中学受験、高校受験,大学受験などの時期をどのようにピアノレッスンと両立させていくか?

 

こちらをアドバイスさせていただきたいと思います。

 

結論から言いますと

●レッスンでやること、弾く楽曲を極力少なく1点集中でやること(もしくは1つ追加おまけ程度に絞る)

●小学3年生までに基礎音楽力を付けていきますので、楽譜がスラスラ読めるなどができいていれば

1曲の中をいくつかのパートに分けて考えて1週間の中で
その部分だけ集中して練習するだけの練習でもいいのです。

●練習時間を確保する、という考え方よりも
集中して勉強した合間にあたまを切り替えるためのスキマ時間に10分だけ、15分だけ

気分転換に効率のよい形でピアノに触れる

という感じですね。

 

難関大学に合格したある人は「集中してガーッと勉強して、15分と時間を決めて
漫画を読む。そしてまた勉強」ということを繰り返していました。

 

これをピアノレッスンに置き換えて考えてみると・・・

その年齢に至るまで基礎ができていれば、ダラダラと時間をかけずに

またやるべき課題も多くなくこの時期を大変有意義なピアノレッスンに置き換えることができるのです。

 

幼児から小学校2年生くらいまでの間、もしくはそれ以降の学年でも

習いはじめの2年間で正しい練習のしかたや楽譜らスラスラ読める能力が身についていれば

ピアノレッスンと勉強を上手く両立させることができます。

あざみ野 ピアノ教室,たまプラーザ ピアノ教室

↑全くの余談ですが、横浜みなとみらい桜木町のロープウェイの試運転の際に、

汽車道からズームアップして作業する人を激写してみました!
(このようにお勉強モードのお話からちょっとRelaxモードへ)

 

問題は

①小学3年生以上でも基礎ができていない人

②キッチリモノを考えすぎる人(いつも完ぺき主義な人)

 

勉強の合間の短い時間に気分転換にピアノを弾く

受験期はこのくらいの気持ちで!

あまり根詰めないようにすると良いと思います。

 

 

 

カテゴリー:子供のピアノレッスン, 小学生のピアノレッスン, 幼児のピアノレッスン タグ:, , , , , , , , , , , ,
ページトップへ