ページトップ

イベント・音楽情報

2020.10.08
【子供のピアノレッスン】で弾くことの他にどんなことをするの?

横浜市青葉区あざみ野、たまプラーザの
ピアノ・エレクトーン教室 柴田音楽教室です。

都筑区、宮前区、青葉区または田園都市線のどちらからも
通いやすい『個人レッスンの音楽教室』です。

あざみ野 子供ピアノ教室,たまプラーザ 子供ピアノ教室

美しが丘5丁目・新石川・荏田・中川・あゆみが丘などの方は
徒歩や自転車でも通学できます。

近隣にコインパーキングがございますので
遠方の方はお車でもお越しいただけます。

 

柴田音楽教室はクラシック音楽だけではなく
子供のレッスンからジャズピアノやポピュラーピアノなどの
曲も併用して習うことができます。

『ジャズやポップスをカッコよく弾ければ学校でもスターになれる!』

 

これは習いはじめの2年間の基礎力の積み上げがとても大切です。

 

ピアノを弾くことだけではなく、おんぷの成り立ちやリズムなど
いろいろなことをはじめの約2年間でレッスン内で学んでいきます。

たまプラーザ ピアノ教室

【子供のピアノレッスンは弾くことの他にどんなことをやるの?】

 

小さいうちから、習いはじめからなるべく早いうちに
音符を読む力をつけるためにドリルで音符を読んだり書いたり

また、算数のように音符の計算をしたりします。

 

これはまずそれぞれの音符が
「パッと見ていくつのばすかがすぐに答えられるようになること」が大切。

 

②聴いた音を、歌ってそれをすぐに楽譜にする。

いわゆる「聴音」ですね。

カンタンなことから結構むずかしいことまで
レッスンで行ないます。

音は聞き取れても正しいリズムがなかなか聞き取れない人が
とても多いので、とにかくたくさん問題をこなしていきます。

 

これはステップ3,4になっても続けていきます。

 

③ヘ音記号や左手を苦手意識を持たせずに、

くりかえしくりかえし教えていきます。

 

学校ではヘ音記号は習いませんよね?

これを小学4年生までに徹底して教え込んでいきます。

 

ヘ音記号で楽譜を書いたり、聴音を行なったりすることで
「応用力」が身についてその後も色々な音楽の場面で
困ることがありません。

 

④リズムれんしゅう(タイコの練習になります)

両手を使ってキーボードパーカッションでタイコをたたく練習をします。

 

⑤日本のピアノ教室であまり聞いたり習ったりすることがないような
ジャンルの音楽やリズムに触れることができます。

 

何げなく耳に入ってくるような、何げなく聞こえてくる音楽が
実は身になっていくものなんです。

 

たとえば「子供の頃に何げなく耳にしていた音楽はかなり大人になっても
覚えていて、それが糧になっている」のです。

 

 

☆★★★★★☆

体験レッスンのお申込みはお電話にてどうぞ

柴田音楽教室↓タップするとそのままお電話がかけられます。

tel:045-913-8946

▲お申し込みが重なりレッスン枠が埋まり次第
受付を終了させていただく場合がございます。

 

レッスン中などは留守番電話に切り替わることがございます。

メッセージの後に

●お名前 ●ご年齢 ●お電話番号を

お願いいたします。

後ほどこちらからご連絡させていただきます。

 

<新しくピアノ教室をお探しのお母さまへ>

●柴田音楽教室の

ピアノのレッスンがうまくいくポイントやレッスンお役立ち情報など

あなたのスマホに

メルマガLINE公式アカウントでお届けいたします。

どうぞ下記のボタンをクリックして

柴田音楽教室メルマガLINE公式アカウントに

ご登録くださいませ。

『柴田音楽教室公式LINEに登録して下さった方には

入会金5000円が無料になります』

ぜひお役立ち情報を

スマホでチェックしてくださいね!

( ^^) 既に当教室の生徒さんや講師の方は登録不可になっていますのでご注意ください)

↓ ↓ ↓

友だち追加

 

あざみ野 ピアノ教室,たまプラーザ ピアノ教室,青葉区 ピアノ教室,都筑区 ピアノ教室

カテゴリー:子供のピアノレッスン, 小学生のピアノレッスン, 幼児のピアノレッスン タグ:, , , , , , , , , , , , , ,
ページトップへ