ページトップ

イベント・音楽情報

2022.09.17
みなさん、観てください!50年前のピアノレッスン風景です。

1970年のピアノレッスンの風景

ご家庭でのレッスン風景やヤマハ音楽教室の

レッスン風景の動画を見つけてしまいました!
動画タイトルは1971年 昭和45年となっていますが
1970年=昭和45年が正解です)

 

 

動画の冒頭は『浜松のヤマハの工場』でのピアノを作っている作業風景

グランドピアノが多数並んでそれを試弾しているのは先生ですね。

今もこれと同じ光景を「銀座のヤマハ」で見ることができます。

 

つぎに 先生に家に来てもらう『出張レッスンの風景』

 

グランドピアノでレッスンしている風景は

先生のご自宅なのでしょうね。

 

そして

 

『ヤマハ音楽教室』のグループレッスンの実際の風景

 

今の「幼児科」のレッスン風景そのもの(保護者の方同席必須)ですが

当時のお子さんの様子から主に小学校低学年が主流のような気がします。

年齢もグループの中に2、3学年ほど開きがあり混在していたのです。
(これ地方だけですか? 少なくとも私が子供の頃習っていた札幌、小樽では
今の幼児科のレッスンスタイルは幼児がごく一部でほとんどが小学校低学年)

 

昔は地方もそれなりに人口があってこじんまりと統一感があったのです。
今は地方はどんどん人口・子供人口が減って小中学校がどんどん廃校になっているのが現状なんです。

 

後の『児童科』といわれるものだったのでしょうか?

 

その後、ジュニア科といわれるようになり、そのジュニア科も

いろいろ細分化されていったりテキスト教材がすごく研究・改良されつづけていったのです。

 

生徒のみなさんは1段鍵盤のオルガンでした。

いつの間にか 生徒の皆さんも1台1台がエレクトーンに変わったのはいつからなのでしょうか?

私がヤマハシステム講師をしていたころは生徒さんは1台ずつエレクトーンでした。

 

それ以降、「上達したい人は個人レッスンへ移りましょう」という流れででした。

 

動画の最後は『発表会』ですね。

 

これは個人教室の発表会の光景ですね。

 

 

今と変わらない風景に驚きです!

この光景がずっと目の中に焼き付いていて

そして今度は指導に携わることをずっと続けてこられているということに感謝です!

 

柴田音楽教室

⇒ 柴田音楽教室の幼児・子供のピアノレッスン

カテゴリー:YOUTUBE動画集 (^^♪ タグ:
ページトップへ